お知らせ

 ピアニスト大蔦あやのホームページにようこそ。ドイツでの音楽留学を終了し、日本にて音楽活動を始めるにあたり、ホームページを開設することにしました。演奏会やレッスンのことなどを自分なりのペースで発信していければと思います。マイペースな更新になると思いますが、お付き合い頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。 

 

1月7日 2017

明けましておめでとうございます。今年も、昨年目標として掲げた挑戦、そして一つ一つの演奏会を大切にすること、この二つを肝に銘じて頑張りたいと思います。短篇演奏会も順次開催する予定ですので、どうぞよろしくお願い致します。

2月28日

​昨年に引き続き、大王わさび農場様にて演奏会をさせていただく運びとなりました。曲目は、わさびの花ことばである目覚めよにちなんだ楽曲や、河や運河を彷彿させる舟唄などを選曲致しました。是非、素敵な農場に足を運んでいただき、演奏を聴いていただけたら幸いです。

3月9日

生徒の発表会が三日後に迫ってきました。日本で教え始めて約二年。今回は大人組ではなく、五歳から学生が中心の発表会です。いつもより難しい課題を与えた初めての発表会。楽譜を正確に読み、きちんとした指使いで、美しい音色で、、、基礎の基礎が一番重要で一番難しい。それでも、何度も何度も、あきらめず練習した皆の成果が出るといいなと思います。

3月20日

昨日、大王わさび農場様主催、花祭りクラシックコンサートに出演致しました。この三連休に、一万人以上の方々がわさび農場に来場されたそうです。広大な農場に、美しい清流、そして白と緑色が印象的なわさびの花。このような素敵な場所で演奏させていただけることにとても幸せを感じました。コンサートにお越しいただいた皆様、そして暖かく見守って下さった、わさび農場関係者の皆様、本当にありがとうございました。

終演後、わさび農場100周年記念の可愛いクマのぬいぐるみをいただきました。​さっそく練習室に飾りたいと思います。

4月12日

数日前に、松本市は開花宣言がされたそうです。ここ最近、春はいつまでなのだろうと悩んでおりましたが、調べてみると5月の頭くらいまでを春というそうです。それに甘えまして、晩春の短篇演奏会を5月に行うこととなりました。今回は、舟唄を中心にしたプログラムです。最近、改めてショパンの音楽に魅せられて、いろんな楽曲に取り組みたいなと思っております。お時間宜しければ是非お聞きいただければ幸いです。

(当初記載されていた日にちを都合により変更いたしました。ご連絡が遅れ、申し訳ありませんでした。)チケットのお申し込みは、お問い合わせフォームからも承っております。どうぞよろしくお願い致します

5月9日 

市民タイムス紙に晩春の短篇演奏会の記事を掲載していただきました。

いつも素敵な記事と共に、演奏会を紹介していただきとても嬉しく思います。19日、皆様のお越しをお待ちしております。

5月21日

先日、晩春の短篇演奏会が終演致しました。今回は、舟唄を中心のテーマに据えました。どの楽曲にも言えるのですが、特にショパン 舟唄は弾けば弾くほど難しくなっていきました。ですが、本番に一度出すと、また弾きたいという想いが強くなります。きっと、そういうことの繰り返しなのだろうなと思います。

次回の短篇演奏会は、成夏を避けまして晩夏あたりを予定しております。

7月31日

昨日のことになってしまいますが、中日新聞 長野県版 熱中人という記事に取り上げていただきました。取材をして下さった、中津記者さんは、私のあちこちに行く話を、熱心に聴いてくださり、言葉にできなかった気持ちまでも汲み取って記事にして下さいました。ピアノを始めたきっかけ、ドイツ留学時代のこと、短篇演奏会のこと、ピアニストとしての展望など、想いがたくさん詰まった記事になっています。是非ご覧いただければ幸いです。

8月13日

11月に2年ぶりに松本市音楽文化ホールにて演奏会を行う運びとなりました。

​今回の大きなテーマは変奏曲です。詳しい情報は、演奏会ページに記載いたしました。お時間がございましたら聴いていただけると幸いです。チケットの予約はこちらのお問合せフォームからも承っております。

どうぞよろしくお願い致します。

11月2日

すっかり秋らしい季節となりました。10日に行う演奏会にあたり、松本平タウン情報に演奏会の情報を記載していただきました。ありがとうございます。そして、昨日は市民タイムスの田子記者さんに演奏会のことを取材していただきました。落ち着いて話そうと思っても、ついあちこちにいってしまう話を熱心に聴いて下さいました。ありがとうございました。

11月12日

10月末、そして10日に行われた二つの演奏会が終演いたしました。両演奏会とも、沢山の方々にお越しいただき、とても幸せでした。ありがとうございました。

附属中学校で行われた演奏会は、保護者の方のみの演奏会でした。体育館独特の包まれるような音響の中、見覚えのあるグランドピアノで演奏できたこと、そして保護者の方々が温かく見守ってくださったこと、とても嬉しかったです。また今月末にドイツ語指導で伺うので、今から楽しみです。

先日、音文ホールにて演奏会が終演いたしました。二年ぶりになる今回の演奏会のテーマは変奏曲でした。最初から、最後まで、すべての曲がメインになるといっても過言ではない楽曲だったと思います。それらの曲に、今回挑戦でき、演奏を出来たことが、私にとってとても貴重な経験となりました。また折々の機会に、今回の曲を演奏していきたいと思います。

終演した今は、来年からのプログラムを考えることが楽しみです。

12月29日

11月、12月と2回に分けて、今年も附属中学校へドイツ語の指導に伺いました。3年目になるドイツ語指導ですが、今年の三年生は私がドイツから帰国した年に一年生だった生徒さんです。当時は制服が大きく見える姿が印象的でしたが、三年生になった生徒さんはとても大きくなっていて、この頃の成長は目にも鮮やかだなぁ、と想いながらの指導となりました。生徒の皆さんのエネルギーに、指導後はいつも元気をもらえます。ありがとうございました。

さて、今年も残り僅かとなりました。今年は、演奏会を通して様々な方々と出会えたことが、嬉しかったです。反省点は、心の中に留めて、来年に生かせたらと思います。演奏会にお越し下さった皆様、ホームページをご覧下さった皆様、ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。